リストからはずしてくれます

-

-

クレカを使っていると一般的には、契約カード会社から利用明細書が届きます。

利用明細書をとっておけばどこでいつカードでどれくらい利用したのかについての詳細内容が記載されているためこれまでのそのクレジットカードを使って払った一覧を見るにきわめて簡単で実用的です。

代わりとするのはちょっと使いにくいだろうと思いますがミニカード利用の成績表に類するものとして見ることもできるため金銭管理にも役立つでしょう。

それからいま言った利用明細が届いてから一般的に半月後に利用代金の送金がされるわけです。

ということはこれらのカード利用代金明細を確認してみて、思わずおかしな支払い、もし本当に決済したこともないWEBサービスが表の中にあればフリーダイヤル等に電話をかけて調査してもらえば済むんです。

万が一盗用カードによる乱用などといった正当でないカード利用が分かった時でもクレカ利用者に責任がない限りは、大方の事例においては加入カード会社が利用をリストからはずしてくれます。

現在ではクレカの利用明細をホームページで照会できるクレカが一般的になっています。

常時いついくらで買ったかを確認しておく方法でカード詐欺から身を守るのはもちろんカード利用の成績表の役目も果すので資産管理もこれだけでできます(専用ページでクレジットカードの履歴を確認OKな会社は以前の決済可能残高など照会OK)。

カードはこれらのことから見てもかなり役に立つツールになっていると言えます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.edge-media.net All Rights Reserved.